ピプノ鍼と物部の蛇姫さま、了

これもまた、このタイミングでのスキタイの女神像。

スキタイ   〜そして月支国へと。

f:id:aihanum:20160427221303j:image
東京国立博物館で開催された”スキタイとシルクロード展”のカタログから、スキタイの祖とされる半蛇半女神の像。
紀元前600年頃のスキタイ族の馬具の一部だそうだ。。

鍼治療つづきです。

そう、いつもなら止まるはずの鍼が止まることなく奥にぐぐ〜っと入り、そこから更に何かを探すようにグイグイと…、

気の遠くなりそうな痛みの中で、
先生の治療にゆだねようと
体を硬くしないように息を抜く、
しかし痛みへの恐れからすぐぐっと力が入る
を繰り返していました。

その間の自問自答。

力を抜いて!

この先生を信用してるでしょう?
してる

なら、もっと力を抜いて!
できないの?

本当は信用してないんじゃない?

どうなんだろう?
そうなのか?
そう、誰も信用なんかしたことないよね、あなた。

だって何もかもひとりでやってきた、
自分を誰かにゆだねることなんて、


頼れない、まかせられない。

信用する事が怖い?



力を抜いて自分を他人にゆだねられない
安心できない…

どうして?そうおもうの?



だって。。。

……

…裏切られた

…傷つけられた






だって、

あんな…

あんな…



……

我をなぜ殺したのか


なぜ我は殺されねばならなかったのか?


信じていたのに

許さない、
もう誰も信じない。

もう二度と我をゆだねることなどしない…

なぜ裏切ったのじゃ…


えっ?


……


………

ええっ?

(これ、書いてていいんかな、勇気がいる…)

何重にも薄い布がかかったその奥に
黒くうずくまった三角形の黒い影。


……


……

これ、誰??


殺されたって言ってるけど、いつの話?

影だけど、思いっきり昔の人、長い着物着て髪が長くて…

姫。
これは姫だな。

殺されてから、意識はずっとそこにいたのか?

逃げて逃げて、
こんなに奥に隠れてうずくまって睨んでいた

蛇のように…


誰?……

これも私…?

そうか、そうだった。

嫌〜な私

父に怒られた時によく言われたな。
蛇のように睨む、まるで蛇だって。

蛇とは(T . T)傷ついた。
自分の思いをわかって欲しくて、でもわかってもらえるすべもなくて、

睨んだ…

どうせ、わかってくれないっ。


もう、そんな考え方捨ててたと思ったけど、

時々見える母や妹の態度にも、
そんなふうに被害者ぶるなって、
言い訳するなって

イラってしてしまう事あったけど。

いやいや、

全くもって私自身だな、、これ。


という感じで、瞬時に様々な感情が込み上げて、
もっともっとあるドロドロの部分は、これ以上書きませんが、

私の中に、黒い三角の影のそうとう古い時代の姫が居ました。





物理的に鍼の先生は、かなりの深い鍼治療に格闘してくれていたのですが、

私はうつむいて寝ていて、涙と鼻水までズルズル。油断すると嗚咽まで漏れそうなくらい

その姫との会話の中で
古い古い忘れていた頑なな思いのこだわりが解けて、ああそうだったのかと腑に落ちていく

自分がゆるされ、力が抜け体の緊張が緩んでいく


という浄化が次々と起こっていました。


おわって、鼻をすすりあげ、涙を手でふく私に、先生がこう言ったのです。

いやー、今まで何回も探ってきた場所に、今日やっと鍼が届きました。

何重にも深く固く巻き込まれて隠れていました。
はじめに来られた時から、原因は右の骨盤の奥って言ってたでしょう。
右が逃げるから左が頑張りすぎて左側に負担がかかる。

今まで何度かチャレンジして、その一番の原因の場所を
探しても、逃げて逃げて、
逃げ切られていましたけど、
今日やっとその点をつかまえることができましたよ。




古代史の紹介の前提のブログに…

こんな事書いて良かったんかなぁ〜〜f^_^;)



お見苦しい妄想で?

大変失礼しました。


まあイメージ上のできごと、ではありますが、
こんな事が起きたのは
やはり物部に行ったからだろうとも思うのです。

勇気を出して、公開、ポチッ!




あれは、物部の蛇姫さまだったのだろうか?
どうもあの青黒いギラッとした小さな蛇は、姫を迎えに来た従者のように感じましたが。