読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝珠に導かれ…六甲比命神社

去年の今頃は…白髭神社へ行っていた。

あの時の友人からの声かけで、またタイミング良く11月1日、111の日に向かった場所は…

 

f:id:aihanum:20161102201206j:image

六甲山。

まだ少し紅葉には早く、

昨夜の雨の後の山は、キリリ✨とした冷気に包まれていた。

 

f:id:aihanum:20161102201227j:image

六甲カンツリーハウスで道を尋ねる。

Bの道は鎖を登るんちゃう?

修験だからねぇ。

うーん、いやいや、Aの道にしようよ…鎖なんて〜💦落っこちたら困るし〜

😅

とか言いながら、喋る確認事項は盛りだくさんで回り道もウキウキと♪

まったく人の気配のない雨上がりの山の朝は清々しさ満点です。

 

伏見稲荷白髭神社、そしてまた今回もかぁって思ったよ…いつも人払いの雨になるね。

 

f:id:aihanum:20161102202508j:image

 

道を曲がると光のシャワーがサーッと差した🌤

 

f:id:aihanum:20161102202634j:image

あ、なんか岩がある…

あの線が入ってるように見えるねぇ…

意味はわからんけど…

 

f:id:aihanum:20161102202736j:image

 

こっちだこっちだ…

f:id:aihanum:20161102202759j:image

 

ここから入るんだよ…

 

うわー、これ、夏だと蛇出そうよね…

イノシシいるかな、

熊🐻

熊は六甲山にはおらへんで…😅😂

 

あっ…

えっ…

 

な、何これ、

坂を登りきった途端目に入ったものに息をのむ…

 

こ、これすご…足がすくむ

行っても大丈夫?ってくらいの空気感がガラリと変わった。

 

写真を撮ろうとスマホを出すと…

撮れない、あれ??またや…

撮らんほうがいいって事ちゃう?

 

六甲比命神社ってこの道の先かな?

あれ、こっちに上に上がる道があるよ。

行く?

うん、道があるなら行かなきゃ。

行こう…

 

えー‼︎えーっ(@_@)⁉︎

あ、あ、

ちょっと!!あれ!

何これ……

 

ここや、ここやわ、これやわ。

たしかそう、ここだ。。。

瀬織津姫さまの…

 

どなたかのブログで見た事あった…

瀬織津姫をここで感得されたという方だったか…

 

 

圧倒される岩の壁が突然立ちはだかったように見えた。

全体像を把握するのに、それが磐座だとわかるのに、

数秒を要して…目をみはる。

 

あー、ここだよ。

こっちの道で正解だったよ。。

 

この日のためのように手元に来た

チベットの隕石鉄を含むティンシャを鳴らす…

サーッと頭上の木々を強めの風が揺らし、光が磐座にチラチラと踊りながら写ってくる。

なんとも言えない光景が目の前にある。

 

夢のような、目の前のこの光景が現実とは思えない錯覚を感じる。

 

それほどまでの圧倒的な存在感のある

磐座。

 

初めての体験だと…思う。

 

f:id:aihanum:20161102204723j:image

 

f:id:aihanum:20161102204651j:image

 

そして、行くか戻るか…

2人ともどれがどの道かわかってないので、まだここでも進むか戻るか相談しながら行く先を探していたのだ。

 

あの階段上がる?それともあの岩のある道に戻る?

やはり階段登ってみよう!

 

f:id:aihanum:20161102204853j:image

そして…

f:id:aihanum:20161102204922j:image

あの宝珠が迎えてくれた。

f:id:aihanum:20161102204949j:image