砂漠の女

石造りの建物の全体像はわからない。

ところどころ崩れたように外の空気が漏れてくる。

外には白っぽい乾いた空気と明るい日差しがあるようだ。

 

裾をさばき、ひるがえしながら足早に歩く女の後ろを追いかける。

その石造りの通路は細く狭く、

角をくるくると曲がるように上に向かっている。

 

置いて行かれないように追いかけるのは幼い私。多分当時の私と同じ年齢10歳くらいか。

 

やっと追いついた。

顔を隠すヴェールを深く被り目だけ出しているが、彫りの深い中東の顔立ちの美しい二十歳すぎくらいの女性だった。

長い睫毛のキッとこちらを見すえるような目が印象的だ。

 

捧げ物に布をかぶせた盤を持っている。

神に祀る贄だという。それを毎日ここへ運ぶのが役目だと。

 

 

その贄を捧げている方向を見て、絶句した。

ミイラ化した人が座っている。

その前へ贄を捧げるようだ。

 

毎日毎日、これを運ぶのが私の仕事だった。これからはお前がこの役目を引き継ぐのだよ。

そして私はここに座ることになる。

ここに座って神のことばを伝える役目となる。

お前はこれまでの私と同じように、

次の役目の少女がやってくるまで毎日毎日、贄をここに運ぶのだ。

 

私もいずれこのように(ミイラ化した塊の方を見て)なるであろうけれども、

神のことばを伝えることに何も変わることはない。

(ミイラ化しても伝えられるという意味らしい)

お前は贄を運ぶ役目を果たす事、それだけなのだ。

選ばれし宿命に祝福を!