読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

砂漠の女

石造りの建物の全体像はわからない。

ところどころ崩れたように外の空気が漏れてくる。

外には白っぽい乾いた空気と明るい日差しがあるようだ。

 

裾をさばき、ひるがえしながら足早に歩く女の後ろを追いかける。

その石造りの通路は細く狭く、

角をくるくると曲がるように上に向かっている。

 

置いて行かれないように追いかけるのは幼い私。多分当時の私と同じ年齢10歳くらいか。

 

やっと追いついた。

顔を隠すヴェールを深く被り目だけ出しているが、彫りの深い中東の顔立ちの美しい二十歳すぎくらいの女性だった。

長い睫毛のキッとこちらを見すえるような目が印象的だ。

 

捧げ物に布をかぶせた盤を持っている。

神に祀る贄だという。それを毎日ここへ運ぶのが役目だと。

 

 

その贄を捧げている方向を見て、絶句した。

ミイラ化した人が座っている。

その前へ贄を捧げるようだ。

 

毎日毎日、これを運ぶのが私の仕事だった。これからはお前がこの役目を引き継ぐのだよ。

そして私はここに座ることになる。

ここに座って神のことばを伝える役目となる。

お前はこれまでの私と同じように、

次の役目の少女がやってくるまで毎日毎日、贄をここに運ぶのだ。

 

私もいずれこのように(ミイラ化した塊の方を見て)なるであろうけれども、

神のことばを伝えることに何も変わることはない。

(ミイラ化しても伝えられるという意味らしい)

お前は贄を運ぶ役目を果たす事、それだけなのだ。

選ばれし宿命に祝福を!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガンダーラ

あら、🙏前回の終わり方が

全く低温サウナで瞑想の題名に至らないままの投稿で失礼しました😅

(今回もサウナに行きつくかな…)

 

ことの始まりは2月20日の朝のこと、お弁当を作っている時に突然、

「    ガンダーラ♪ガンダーラ~♪

         愛の国 ガンダーラ~♪    」

と脳内にメロディーが聞こえてきて、

それならば~♪♪と

心の中で思い出して歌いながら卵焼きを焼いていました。

 

そこに行けば どんな夢も

叶うというよ

 

誰もみな  行きたがるが

はるかな世界

 

その国の名はガンダーラ

どこかにあるユートピア

どうしたら行けるのだろう

教えて欲しい

 

 

ガンダーラ

ガンダーラ

~~~

愛の国

ガンダーラ♪

 

上記歌詞調べ直していませんが😅

幼い頃見たテレビドラマの主題歌で覚えた時のままの歌詞です。

 

当時の映像はこちらで💁

https://youtu.be/9gOAH6jL1Pc

 

その国の名はガンダーラ♪

のところで急に込み上げてくるものがあり、涙まで出てくるほど感情が激しく反応して…

 

なんだこれは?と、なんとなく後で『ガンダーラ』を検索してみました。

 

シルクロードの映像番組がYouTubeでズラリ。そしてガンダーラにある寺院に思い出の階段があった…というわけでした。

 

その日はずっと携帯持ち歩きラジオ感覚でYouTube付けっ放し。

ローマ〜西域〜インド〜中国〜日本に至る仏教の成り立ちの頃のシルクロード番組を聴き続けました。

 

そこに出てきたワードは

拝火教、ヒンドゥー教仏教、クシャン族、騎馬民族カニシカ王ギリシャ文化、仏像、偶像崇拝大乗仏教バーミヤン、色即是空、般若心経、シルクロード玄奘三蔵、ガンダーラ、、

 

f:id:aihanum:20170122175529p:image

真ん中の法輪が偶像崇拝禁止の頃のブッダを表しています。

ブッダは弟子に「この身を拝してどうしようというのか」と言い、偶像崇拝を厳しく禁じていました。)

 

f:id:aihanum:20170122175643p:image

クシャン帝国の拡大(サカ族、大月氏とも同族と言われる)によって、西方の文化が東方へ。騎馬民族王朝の興隆。

f:id:aihanum:20170122180421p:image

 

f:id:aihanum:20170122180450p:image

騎馬民族クシャン帝国の王、カニシカ王は制圧した異民族たちの神への信仰を認め領土と人民を急速に拡大していきます。

そして、厳しい修行をした者だけでなく、誰でも仏に帰依することで死んだ後も救われるという大乗仏教が生まれるのです。クシャン族は死ぬ時に口に金貨をくわえさせるという習慣があったそうです。

東西交流での大きな富を蓄えたクシャン族は、死後にも同じ暮らしができるように、、

豊かさを死によって失う不安に陥っていたのです。

彼らは生前に仏教寺院に寄進し、死後の救いを求めて美しい仏像を作らせ心の拠り所としました。

生きるために異民族を殺戮した心の呵責も大きかったのか、

カニシカ王は後半生ますます仏教を保護していったそうです。

 

騎馬民族、サカ族、大月氏ともいわれる民族。

 

そう、このアイハヌム日記の初めに記した内容に続きます。

http://aihanum.hatenablog.com/entry/2015/11/18/013721

 

 

 

 

f:id:aihanum:20170122175933p:image

紀元1世紀にガンダーラで西方のギリシャ文化の影響を受け美しい仏像が作られ始めました。バーミヤンの仏像も作ったクシャン族。

 

 https://youtu.be/h66ROvzJYn0

 

 

追記

ちょうど卵焼きを焼いていた時間の20日の朝の空模様は下弦の月まっただ中♪

星読みさんのサイトを友人が教えてくれました。

今はこんなタイミングなんですね。

月のこよみの旧暦だと今は2016年の年末です。

 

下弦の月🌗

 

蠍座と水瓶座のこの下弦の月の関係は、
「最後の最後の執着を手放す」

という意味があるように思います。

http://hoshinomai.jp/archives/381

 

 

あ、それで低温サウナですが…おまけのようにですが😅

あの階段の映像を見て、その後での西域シルクロードYouTube番組を見て…

 

小学生の前世光景の続きを見ようと、低温サウナの中で自分で誘導瞑想をしたということでした。

 

しかし、その内容はかなり強烈でしたので💦…またその気になったら別の機会にでも…😉🍀🍀

 

 

 

しいたけさん…と、低温サウナで瞑想

最近話題のしいたけ占い

噂には聞いていたけれど、

しいたけさんのブログを読んでなるほど〜〜人間観察が当てはまりすぎてました。

こちら

http://ameblo.jp/shiitake-uranai-desuyo/entry-12225803658.html

 

こうやってブログに日々過ぎ去る自分を書き留めておくのは、私にとってはとても必要な事だったのだな。😅

 

という事で、

2ヶ月ぶりメモがわりに、日記なり。

 

f:id:aihanum:20170121001227p:image

 ガンダーラにある寺院跡

こちらのYouTubeより

https://youtu.be/IEPYMuoNChI

 

びっくりした。この奥の階段の風景が、遠い昔に見た場所と同じ雰囲気。

 

石造りの白っぽく乾いた狭い通路に迷い込んだ私。

前を行く人の後を追いかける。生成りのような白い着物の裾がひるがえる足元を見ながら、トンネルのような狭い石造りの通路を必死について行く。

その階段通路はだんだんと上の方へ上がっているのか?

上に行くほど周りが明るく赤っぽい色になってきた。

 

 

その光景を見たのは、

小学5年の放課後の教室だった。

毎日のように数人の女の子が集まって、コックリさんをやったり、学校の怪談話をしたり、、していた。

ちょうどユリゲラーのスプーン曲げが騒がれていた時代。

同級生の男の子にもそんな力があるとちょっと有名になって、もうすぐテレビに出るとかの噂に湧いてたりしていた。

 

その日は誰かが、前世を見る方法を知ってると、やってみようと言い出した。

しかし、見に行って帰ってこれなくなった人もいるんよ…なんて脅かしあいながら、輪になった椅子にぐるっと丸く座って

真ん中の1人の女の子の言う通りに導かれながら…見に行ったのだった。

 

 

今から思い出してみれば、あれは全く誘導瞑想だった。

 

f:id:aihanum:20170121004750p:image

 

f:id:aihanum:20170121004823p:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大宜津比売と妣の国〜そして家島。海人族の足あと

どうも、谷川ウイルスとやらにかかってしまったようです。(^^;)

 f:id:aihanum:20161119222746j:image

谷川健一氏著書内、

阿波ー粟の信仰と海人族の足音より

 

『    淡路は阿波への道である。

淡路から阿波へ渡るには、粟の水門と古く呼ばれた鳴門海峡を横切らねばならない。

私がこの海峡をとおったとき、汽船はかなしげに汽笛を鳴らし、卓上の瓶の液体は波立った。

そして冬の荒れた海の果てに、桃色の夕焼けが凝っていた。

私は今も二千年まえも変わらぬ自然の中に、粟の女神であるオオゲツヒメのほのかに大きな肉体を感じた。

 

阿波への旅は私自身に宿る計り知れないほど古い記憶を遡行することであった。』

 

 ああ、なんとも言えぬこの表現に酔ってしまう…

 

四国にまだ橋が架かっていなかった頃の記憶がある私には、

この文章に懐かしく泣きそうになる情景が見える。

学生の頃の帰省、フェリーの甲板から阿波の山並みが薄ピンク色の夕闇に溶け込む景色が近づいてくるのを見ていたものだった。

和歌山から小松島までの2時間のフェリーだった。

海を渡る儀式のような耐える数時間の終わりに、

やっとまた帰ってきたと、

母の懐へ迎え入れられるような安心感に包まれて見ていた。

 

海を渡る儀式のような数時間…

 フェリーに乗るとまず自分の場所を確保して、枕を取って横になって寝ていた。

どんなに船が揺れようと、とにかく着くまで寝る…

皆が一斉にそうするのだから…

今から考えると、真剣に寝てしまうと物騒な気もするけど。

 

 

f:id:aihanum:20161119235341j:image

家島神社付近で感じた不思議な体感が思い起こさせたのは、この著者の文章だった。

この世とあの世の境を感じるような、なにか。

誰もいないのに、たくさんの目に囲まれてヒソヒソとささやき声が今にも聞こえてきそうな、、

そんな空気。

f:id:aihanum:20161119235419j:image

 

谷川氏が阿波への旅で阿南の椿泊を訪れた時のこと。

橘湾入り口近くの椿泊の先にある舞子島を書いた文章の断片が頭の中によぎった。

 

舞子島は埋葬のための島である。

海人族には湾の入り口の島に首長を埋葬する習慣があったようなのだ。

 

『ー前略ー

舞子島こそは海上他界である。その島の砂嘴に死体をさらす風習はとおく古代の海島古墳にまでさかのぼれることを物語っているのである。海中にそそり立つ奇怪な死人の島のすがたは、私を神話の世界にまでつれ去ってゆく。

ー後略ー』

 

播磨国風土記の光田先生も、大きな川の専有権を持つ部族、海と川の支配者一族の祖先を祀る場所が上流にあり、

その川の河口にある島は一族の葬送の場ではなかったかとおっしゃっていた。

 

揖保川の上流にある伊和神社、そしてその河口にある家嶋神社。

その2つのみが播磨国での名神大社である。

その意味とは何だろう。

 

f:id:aihanum:20161119232606j:image

 

f:id:aihanum:20161119231156j:image

 

 

帰ってきて、この家島行きの写真をFBに投稿すると、磐座ツアーにてお世話になったH氏より家島についてコメントを頂いた。

f:id:aihanum:20161119231132j:image

ここよりまだもう少し上に上島まで展望できる場所があったようで。

H氏のご研究のサイトを拝見すると、

やはりこの家嶋神社付近には怪しい磐座など多々存在するらしい。

 

…これは、もう一度行かなくては。

 

 

 

今後につながる考察のために、

H氏様レポートサイトを添付させていただきました。

この場を借りましてH様に感謝申し上げます🙏

http://mysteryspot.main.jp/mysteryspot/kounai/kounai.htm

 

 

 

 

 

 

 

この世と神の世の境を歩く…家嶋神社

 

http://aihanum.hatenablog.com/entry/2016/11/15/122520

こちらの続きです。

 f:id:aihanum:20161117153918j:image

延喜式内 名神大社
家島神社
御祭神 大己貴命 少名彦命 天満天神
例祭日 7月24日・25日
沿革
社伝によれば、家島という地名は、神武天皇が大和へ向かわれる途中、当地に御寄港になられたところ、港内が大変穏やかで、「あたかも家の中にいるようで静かだ」として、名付けられたとある。、
家島神社は、この時、天神をお祀りし海上安全と戦勝を祈願されたのが始まりとされている。
又、神功皇后は、三韓門出に際し、天神に祈願されたところ全山がにわかに鳴動したのて、こので一帯をゆつるの山と呼ばれたともある。
古くから、家島の地は、瀬戸内航路の要衝として栄え、万葉歌人達もいくつか歌を残している。
菅原道真公が参拝されたおり、境内入り口の岩場で詩を書かれたといわれ「詩を書き石」と呼ばれて現存している。後に菅公は、合祀されることになった。
当神社は、家島諸島の総鎮守であるとともに、播磨灘を守護する大神様で、更に国家鎮護の神としで承和7年(840)官社となり、醍醐天皇の延喜の制には、式内名神大社に列せられ今日に至っている。
社頭掲示板

f:id:aihanum:20161116233332j:image

 

f:id:aihanum:20161116233412j:image

 

この参道がその…境だと、

帰ってきて調べて知ったが、

なるほどの雰囲気でした。

特に正面の壁のような石段…

そして、上がった所からさらに奥の拝殿への参道が…

 

f:id:aihanum:20161116234212j:image

 

f:id:aihanum:20161116234248j:image

 

f:id:aihanum:20161116234315j:image

 

f:id:aihanum:20161116234413j:image


由緒

当神社は、神倭磐彦命(即位して神武天皇)御東征の砌り、御寄港室の内の如く静かなるを以て家島と名付け、天神を祀り、皇師の武運長久と海上安全を祈願し給うとぞ、又神功皇后三韓御門出の時天神を祀り給ふに山中ゆりければ、ゆるの山と古歌にもよまれ、朝廷の御崇敬篤く、第四十八代称徳天皇天平宝字八年三月七日揖保郡福井庄家島の高島に支那福州の賊船襲来屯す、時の国司藤原朝臣貞国下知して、戦勝を祈願せしめ、これを撃退神威毫し衰へず播磨を往来する船舶は、風波の難を祈り、崇敬怠る事なし。故に仁明天皇承和七年六月官社と為り、醍醐天皇延喜の制に式内名神大社となる。此の大神は国土を開墾し、海運、漁業、医薬、禁厭酒造の方法を定め、温泉を開発人畜の病に悩むを助け給ふ最も尊き神に坐す故に、大己貴神は大国様、少彦名命は薬神様として崇めたる。
全国神社祭祀祭礼総合調査 神社本庁 平成7年

 

f:id:aihanum:20161116234446j:image

 

 

 

f:id:aihanum:20161116234513j:image

この林の中の道…ここが凄かった💦

これだけの快晴の日なのに、

先がうっすらと白く靄っていて。

 

先へ進むか、後へもどるか

…あの暗い急な階段を降りるのも非常に不安な気分。

行きはヨイヨイ帰りはこわい♪

 

 しかし、進んだ先は素晴らしい景色、ぐるりと360度に限りなく近い見晴らしでした。

 

f:id:aihanum:20161116234540j:image

 

 

 

f:id:aihanum:20161116234631j:image

淡路島の伊弉諾神宮の方角ははこちらだろうか?

 

安積…の名をあちこちに見かけました。

さすが海人の土地。

 

f:id:aihanum:20161116234809j:image

 

創祀当時は天神一座であったが、のちに大己貴命、少名彦命が合祀された。中世以降、創祀の天神を天満天神と誤つて菅公を祀る天満宮と称してきた。これは鎮座地の天神鼻と云う地名にも伺われ、菅公腰掛岩伝説が残っている。

 

 

⭐️⭐️⭐️

名神大社(みょうじんたいしゃ)とは、日本の律令制下において、名神祭の対象となる神々(名神)を祀る神社である。

古代・中世における社格の一つで、明治に入ってからの神社の格付けにも大きな影響を与えた。

その全てが大社(官幣大社国幣大社)に列しているため、名神大社と呼ばれるのが一般的。

延喜式』巻3「臨時祭」の「名神祭」の条、同巻9・10「神名式」(『延喜式神名帳』)に掲示される。いわゆる式内社

名神祭」には203社285座、「神名帳」には226社313座が記されており、「神名帳」にあって「名神祭」に見えない名神が23社28座あることになる。理由は諸説あるが、不明。

また、「神名帳」には、各社に「月次相嘗新嘗」「月次新嘗」が付され、何も付されていないものも含め、名神大社の中にも三段階の区別があったことが分かる。

名神大社のない国もあるため、一概には言えないが、名神大社に列している神社の中に、一宮、特に歴史的な一宮となっている神社が多いのも特徴。

 

http://www.buccyake-kojiki.com/archives/1061785977.html

 

 

 

 

洞川温泉の不思議な夜 その三

まぁ、なんと、一年半前の事を今描こうとすると…

記憶の詳細がすっこ抜けてしまっている。😢

 

そう、天川村について直ぐに宿の手配をするために、村の入り口の案内所を訪れたのですが、

 

天川村にはあまり戸数がないので、

少し離れますけど洞川温泉には沢山宿がありますし、温泉ですから街の雰囲気も楽しめますよ。」😉

渡された洞川温泉イラスト地図の民宿の中から、家庭的なお宿という事で選んだのでした。

 

f:id:aihanum:20161115161519j:image

とりあえず泊まる場所が確保できて良かったとホッとして、

洞川の夜の街も観てきたし、

あとは翌朝早朝の天河神社の朝拝へ行くこと。

 

夏でしたが、エアコンもいらない吉野の山奥です。

そもそも部屋にエアコンはついていない、

それどころか、窓は木の枠に差し込みガラスで、木枠の網戸。

窓に鍵は無い💦

(もう一度部屋の写真…)

 

f:id:aihanum:20161115160113j:image

まぁ、ここだけ隔絶された部屋の造りになっていて、面する中庭に向き合う部屋は無いようです。

宿の人しか入らない庭。正面に巨大岩。

 

f:id:aihanum:20161115160040j:image

 

そしてまさかの、入り口の引き戸についてる鍵は🔑金具でひっかかる超古風なネジでした😨💧

引き戸は木枠の押入れのような軽いふすま…です。

何回か揺すったら開くよ…

 

幸い鍵付きのコロコロスーツケースできたので、部屋から出ているときは貴重品はスーツケースに入れていました。

 

こんなとこに1人で来るなんて、私史上凄い!!凄い!!

とテンション上がっていたものの、

 

初めこの部屋に入った時からものすごい存在感の目の前の岩が気になり出し…

 

これ、網戸のまま窓開けて寝る??

なんか山からやって来そう、なーんて😅そんな訳ないけど…

 

閉めたらしめたでこの部屋の圧迫感も…

古い匂いが篭って息が詰まりそう…😢

 とりあえず、電気とテレビはつけっ放しで寝よう…

 

しばらくは携帯に旅の記録を打ち込むことで気を紛らわし、

 さていよいよもう12時近く…明日は5時前には起きないとだから、寝なくちゃ

 

うーん、やっぱり気になる。

ふわっと眠りそうになるとブレーキがかかる。

寝た瞬間、なんか来たらどうする?

 

窓から不思議な存在か?廊下から悪い人間か??

まーどっちもないやろ…とは思うものの、

意識がなくなることへの緊張感…

 

 

ふわっと寝そうになってはブレーキをかけるを何度か繰り返し、

やっぱり1人でこんなとこに泊まるのは二度と止めよう…と見えない存在へのビビリが最大限になっていた時、

 

 

奥の部屋から地響きのようなイビキが。

 

あ、人がいる〜と、妙な安心感でかなりうるさいイビキだけど睡魔の方が勝ち〜〜💤ふわっと寝落ちしそうになった時

ドン‼︎💢‼︎

な、何??何の音?と訳わからず眼が覚める…

そしてまたイビキ、うるさいよーでも、ふわーっと寝そうになったら、バンッ‼︎💢‼︎

これ…イビキに腹立てた人が壁蹴ってる…😰

というのを繰り返し明け方。5時になってなかったけど、寝るのはあきらめ起きました。

やっぱり慣れないことするとあかんわ〜ガックリ…(T ^ T)

起きて上布団を畳もうとすると、

布団を開けた下のシーツの上に枯れ葉のようなものが散らばっています。

真っ白なシーツをかけた軽い夏蒲団の上下。

イヤだ、私の足についてた?

 

 f:id:aihanum:20161115163719j:image

ちょうど番茶のような感じ。写真撮ってないので再現しました💦

 

いや、昨日は雨上がりでアスファルトの真ん中を歩いて枯れ葉のつくようなとこ通ってないよなぁ…と、

寝返りの時にチリを巻き込んだ?とその辺りを見ても壁土が落ちてることもなく

畳の上も綺麗に掃除されている状態。

 

???

 

 

でも、女一人旅不審がられていたから、汚くして出たくなかった!方に気が行きサッと手で払って、

上布団を綺麗に畳みその上に真っ白な枕カバーの枕を重ねておいた…

 

そして洗面してお化粧しまして、

荷物を整理して、

さあ出かけようと

もう一度確認するように畳んだ布団を見たら、、、

真っ白な枕の上に…

また…

f:id:aihanum:20161115163719j:image

 

😨😱😨😱😰😰…

 

なんで?と聞いても答えてくれる人はいない。

翌朝6時前には出るという事を伝え、

料金は前払い、玄関の鍵を開けておいてくれることになっていたので、

わざわざ民宿の方を探して話す…内容でもない…

 

けど、なんでーーー💦💦

 

きたやん来たやん、やっぱりあの山から来たんだよ昨日。。

って頭の中はワンワンなっていますが、

あくまで慌てず、騒がず、

何事もなかったように、

一目散で洞川温泉を後にし、

誰もいない朝靄の中を天河へと車を走らせたのでした。

 

朝拝が終わったらもう一度帰って来て観光しようと思っていたけれど…

 

速攻で山を降りました。

 

こういうのを、阿波弁で、

『おじみそ』💧と言います。

最後だけ…阿波の話😆

ちゃんちゃん♪♪

 

その三は綺麗な写真がないので、その後〜天河神社の写真を添付。

 

f:id:aihanum:20161115164906j:image

その日の朝、宿から出たところ。

 

f:id:aihanum:20161115165157j:image

 

f:id:aihanum:20161115165115j:image

 

f:id:aihanum:20161115165319j:image

 

そして山を降りて吉野川を下る

f:id:aihanum:20161115165632j:image

葛城は賀茂族の地へと続く

 

イチキシマヒメの涙へと♡

http://aihanum.hatenablog.com/entry/2015/12/02/195645

f:id:aihanum:20161115165725j:image

 

 

 

 

 

 

もひとつおまけのエピソード。

 

この話、その後時間をおいてポツポツと、ご近所のママ友1人、行きつけの美容室のお兄さん、鞆の浦の友人Mさん、…という順番でおそるおそる反応見ながら話し聞いてもらいました。

 

どうなん?これって怖い話?

なんでもない?こんなこと?

って、自分で判断がつかなかったのです。

もっのすごい速度で、この土地のこと詳しく調べました…

 

大峰山修験道役行者空海、etc…

 

なんとなく役行者さんのイメージがあったのだけど、

4人目に話した友人が、その枯れ葉の落ちていた場所を言い当てて、そこに見えたイメージを教えてくれて。

この部屋のこの辺りに笠を被った真っ白装束の人のイメージが浮かんだって。

 

その方が何方かずっと探していました…

 

一年経ってみて

どうも、空海さんでした。

その友人曰く、

悪い感じじゃないよ。様子を見に来た感じ。。

 

空海役行者はずーっとその後も行くとこいくとこ目の前に現れますしねぇ〜

そうだったのかなぁ。。

 

ほら、この間の六甲山でも。

 

 

 

 

 

 

 

2015年7月15日☆洞川温泉の不思議な夜その二

去年の話になりますが、

こちら内容はFB投稿より転載。

その三を書いていないままに時が過ぎ、

しかしこの文章を書いたことがきっかけで、

ブログに挑戦してみようとなった思い出の投稿でもありました。

 

その三をこちらで書いてみようかと思います。

そしてひっそりと、もう最近は写真の記録に過ぎなくなってきたブログですが💦

勇気を出してリンクしてみようかなーっと。

では、その二。写真以外はFB投稿そのまんまです。

(その一は自分のタイムラインから探しきれず、また見つけたら追って投稿します。🙏)

 

 

f:id:aihanum:20161115141500j:image

洞川の不思議な夜、其の二。

 

さて、その話の続きを書いてみます。

目の前に説明のつかない物が突然現れた時、人はどうするのか?

まず、見なかった事にする
なかった事にする。

しかし、また2度目にそれが現れた時には?

逃げる、
その場を一刻も早く去る。

何事も無かったように、
気がつかなかったという振りを自分にも加して。。

 

 

f:id:aihanum:20161115142621j:image

。。。。

あの日、突然天川に行こうと思い立ち、かなりの距離を車で飛ばし現地に着いたのはもう3時過ぎ。

天川入り口の観光案内所でもらったパンフレットを頼みに

電話で、夕食なしで構わないからと
できるだけ修験ぽくなく家庭的そうな写真から選んで宿を頼む。

妙齢?の女の1人旅?不審がられても仕方ない、、
用意できたのはここですと、
通された部屋は布団部屋のような階段のどん詰まりの板戸の向こう、
一つの布団とちゃぶ台を置いた、鍵もないあまり使っていないような古いままの部屋だった。

f:id:aihanum:20161115143536j:image

 

 

しかし、部屋に入るなり目に飛び込んできたのは、
開け放った木の桟の窓の向こうの大きな大きな岩。
まるでご神体のような。

 

f:id:aihanum:20161115142724j:image

宿の奥さんは、
大丈夫です、ちゃんと調査されて一枚岩ですので地震でも崩落することはないですよと。

いやいやいや、
これ何ですか?
この向こうに何があるんですか?
と聞きたいのは山々でも、

凄い大きさですね、としか言えなくて。
ありがたいと思っておこうと、
つい最近磐座ツアーに参加した事もあり、
大きな磐座、これもご縁だとありがたいなと少し無理やりに思って眺めていた。

夕食の取れる食堂を幾つか教えてもらって、散歩がてら外に出る。
と同時に滝のような土砂降り。

 

f:id:aihanum:20161115143621j:image

夕方のニュースでは奈良市内が突然の集中豪雨で冠水だったと。
こちらでの雨が流れていったようだった。

 f:id:aihanum:20161115143741j:image

f:id:aihanum:20161115143828j:image

平日だし、大雨だし、もう夕方だし、いやそれにしてもまだ午後4時ごろ。
なのに人がいない、観光客に合わない…

おうどんと柿の葉寿司の夕食を
食堂のランチ時間の終いを延ばしてもらって早めにとる。

f:id:aihanum:20161115143204j:image

f:id:aihanum:20161115143236j:image

f:id:aihanum:20161115141750j:image
陀羅尼助を買い、
雨上がりの湯気のような霧に包まれる誰もいない洞川の街を一人きりで散歩し、川を渡ると、

八大竜王寺、あ、ここが宿のご主人が行くと良いと言っていた場所だ

 

f:id:aihanum:20161115142824j:image

f:id:aihanum:20161115142904j:image

 

中を覗くが、相変わらず人の気配がない上に、おびただしい大小墓石の山が連なる…無理です、苦手です、
池の写真だけ門のとこからパチリ。

 

f:id:aihanum:20161115142931j:image

夜には蛍が出ると、ぜひ見に行ってと言われたけど、ここ夜1人で来るんですか?まさか?と、さっさと宿へと帰る。

 

f:id:aihanum:20161115141900j:image

その横にお寺。どうもこのお寺の奥があの岩の山っぽいなと

やはりそうなんや、お寺があるやんと、
そこが超有名な修験の場所ともその時は全く知らずにいた。

だって、宿の入り口のポスターで初めて知った。
洞川が役行者所縁の地で鬼の子孫の里だったなんて。

帰ってまだ明るいうちに宿でお風呂に入り、
夜も綺麗だからと勧められて、
提灯が明るく照らす洞川の街を少し歩きに出てみた。

しかし、写真のように、またまた街に誰も観光客がいない。。

f:id:aihanum:20161115143038j:image

 

不思議な空気、、
提灯が明るく照らす洞川の夜の街は本当に人っ子ひとりいなくて、
まるで千とちひろの町みたいで。💦

f:id:aihanum:20161115141548j:image

まぁ、こうやって順に思い出してみると、
この温泉街に来た時から何やら、違う時空間にひとりで迷い込んだような、、

あれは当然の流れだったのかも。。

ふぅ、…長い。続き三にします。

いったい、これ読む人いるのかしら???

 

 

f:id:aihanum:20161115141819j:image