読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

案山子と川花さん

案山子を置いてある家は人が住んでいる様子でした。

軽乗用車がある!

歩いてる道は家の横を山影に向かって曲がっていくのですが、

こっちの道がさっきよりマシなのか?…

遠回りでも良いからさっきと違う道で帰りたい…

と先を見ながら案山子の横を通る。

うーん、

それにしてもこういうのって上手に作ってるよな…

ほら、人じゃないよね…っとぐるっと顔を覗き込んだら

同時に

か、お、が、う、ご、い、た。

この速度で   (*゚∀゚*)…

 

おー、びっくりした‼️

同時に、助かったー  (ToT)  🙏

 

「うわ、こんにちは。お人形が座ってるかと思ったからびっくりしました(^。^)

ごめんなさい。

あの、💦💦 この道の先って車通れますか?下に降りられますか?この下の家に車をおいてて…

花神社に行きたくて車で上がって来たんですけど、道が細くて進めなくなったから…」

f:id:aihanum:20170328221301j:image

おばあちゃんが言うには、この先はすごく遠回りだし、狭くて坂も急だし、今私が来た道がいちばん良い道だと。

うちの若いもんも、下から来る人も皆がその道を使うと。

 

他にも道はあるけど、曲がりがもっときぶいよ。

 

…住んでる人が言うのだから間違いない。

あの道を通るしかないんだ、そうなのかと腹をくくったら妙に落ち着いた。

 

川花さん行きたいん?川花さんはもうすぐそこよ、寄って帰り。

ちょっとまって、私もお参り行きたいから一緒に行くよ、

お賽銭取ってくるから待っといてって。。

f:id:aihanum:20170328221726j:image

ホッとして見上げた空には見たこともないような綺麗な雲が

…こういうのが竜神雲か⁉︎

 

f:id:aihanum:20170328222453j:image

 オロナミンCを2本持って出てきたおばあちゃんは

杖をついてゆっくりと一緒に歩きながら、空き家の住人たちの説明をひとつひとつしてくれました。

そこには、山での厳しい現実の暮らしがありました。

 

しかし見える風景のなんと穏やかなこと…東南に開いた空からは温かい明るい日差しがふりそそぎ、

見晴らしは素晴らしく。

やっと景色を楽しむ余裕が出てきて、

私はあの神社に行けることに心がはずんできたのです。

f:id:aihanum:20170328222846j:image

 

f:id:aihanum:20170328225009j:image

f:id:aihanum:20170328225056j:image