読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇奈為神社〜阿南、明神山磐座群とイザリカフェ

翌日、再び195号線を阿南へ引き返す

f:id:aihanum:20160409135135j:image

 
途中、宇奈為神社へ。
 
宇奈爲神社御由緒
 御祭神、豊玉彦命豊玉姫命玉依姫命
 当社は古く延喜の制小社に列し國幣にあず かった名社で現在社地上段に鎮座す。
 当社は、天正十年長曽我部元親が阿波國侵攻 の際黒瀧寺と共に燒討に逢い更に嘉永年間再 度の火災によって古記に乏しいが、鎌倉時代 乾元二年山伏不動院惟金撰「那伊勢託宣」「 湯浅家先祖相続次第記」によれば紀州湯浅の 族湯浅壱岐守藤原兼行が熊野十二社権現を本 社地に勧請して十二社権現とよぶように到った。
 明治三年稲飯神社と改称し明治五年郷社に 列し明治三十五年旧社名宇奈爲神社に復す。
 安産守護、夫婦和合、延命息災、五穀豊穣を祈 念する者が多い。
 社宝に乾元二年那伊勢託宣記、乾元二年神 楽鈴、十二社罐子、牛王神符、八咫烏の牛王
 宝治及び應永の鰐口二個、宝剣一振あり、 付近に十二社七不思議の御靈顕がある。
 例大祭 十月七日 宇奈爲神社々務所
-境内案内
 
 
本社祭神に関して、神名帳考證には海神なりとせり、曰く宇奈爲は海居なり、と、丹波丹波郡比沼麻奈爲 神社といふあり、神名秘書によれば豊宇賀能賣神を祀るといふ、又饒速日命六世の孫に建宇奈比命といふあ り、此命を祀りしにもあらん、然るは比爲假名は違へども草の體相似たれば紛れしにもあるべしといふ(式 社略考)、創立年代詳ならず、醍醐天皇延喜の制小社に列す(延喜式)、中頃宇奈爲神社十二社大権現と稱したり しが、明治三年十月十五日稲飯神社と改め、五年十月郷社に列す。
社殿は十二の本殿を具備し、境内六百坪(當村共有地)あり、式社略考に曰く「木頭谷奈井瀬邑に十二社権現と 云ふあり、奈井瀬は宇奈井瀬の轉語なり、此の邑の里長の先祖を木頭忌部政重と云ふ、百三代後花園院康正年 中の古帳を傳へたり、當年まで三百五十年餘に及べり、偖又永禄年中三好大状、元禄年中太田文に宇奈瀬殿と 見え、阿波國兵将居城記に宇奈瀬龜之進と出でたるも此家の祖先なるべし、又阿津江といふ所に、神祇峠、祓 川などの地名もあり、又十二社権現行在所に怪き橿あり、神代よりの古木にて、影向の橿なりと云ひ傳へた り、故思ふに、里正の祖其所の領主にて、神職を兼帯せしと見ゆ云々。」
-『明治神社誌料』-
 
f:id:aihanum:20160409135338j:image
 
f:id:aihanum:20160409164433j:image
 
 
f:id:aihanum:20160409135503j:image
摂社がたくさん
f:id:aihanum:20160409164326j:image
もう一度、
『本社祭神に関して、神名帳考證には海神なりとせり、曰く宇奈爲は海居なり、と、丹波丹波郡比沼麻奈爲 神社といふあり、神名秘書によれば豊宇賀能賣神を祀るといふ、又饒速日命六世の孫に建宇奈比命といふあ り、此命を祀りしにもあらん、…』
 
宇奈為は海居…(◎_◎;)
そして、ご祭神はトヨウカノメ神!
 
 
 
 
 
f:id:aihanum:20160409135812j:image
伊座利
f:id:aihanum:20160409135910j:image
f:id:aihanum:20160409135940j:image
イザリカフェでの評判の絶品ランチ。
 
 
 
明神山へ
 
f:id:aihanum:20160409163622j:image
峯神社
 
f:id:aihanum:20160409140141j:image
 
f:id:aihanum:20160409142138j:image
山頂には剣山と同じクマ笹
 
f:id:aihanum:20160409140227j:image
山頂に祀られた木花咲耶姫さま
 
 
f:id:aihanum:20160409140307j:image
白蛇の絵馬が奉納されている。
 
f:id:aihanum:20160409140637j:image
猪の狛犬
 
明神山の磐座へ
f:id:aihanum:20160409140921j:image
 
f:id:aihanum:20160409141417j:image
 
f:id:aihanum:20160409140957j:image
龍宮総宮社
 
 
海部の橘湾を望むこの山にも、
やはりいらっしゃった。
 
 
 
f:id:aihanum:20160409141119j:image
 
 
f:id:aihanum:20160409141511j:image
磐座研究会の方にご案内頂きました。
 
 
f:id:aihanum:20160410105559j:image
この山頂で、人工的に組んだとしか思えない磐座の組み合わせと、
刻まれた線刻
 
 
 
参拝と磐座群への登頂が終わる頃、また霧が…
そして、雨となったのでした。
 
f:id:aihanum:20160411184934j:image